ボソボソ薬剤師の備忘録

薬局薬剤師として、現在の医療を持続可能な形にし、医療の質を高めていくためには自分には何ができるのかを微力ながら考えております。 当ブログは、個人的な備忘録として利用しています。ご覧になった方にも何かお役に立てれば幸いでございます。あやふやな翻訳等も多いと思いますので、当ブログの情報に関しましては、元論文等を参照していただければと思います。 他にも自分なりの論考もどきを投稿しているブログもありますので よろしければご参考にしてください。 http://bosobosoyakuzaishi.com

80歳以上の患者における高血圧の治療 PMID:18378519

Treatment of hypertension in patients 80 years of age or older.
N Engl J Med. 2008 May 1;358(18):1887-98.
PMID:18378519

https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa0801369?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dwww.ncbi.nlm.nih.gov

《背景》

80歳以上の高血圧症患者の治療が有益かどうかは不明である。降圧療法は死亡の危険性を増加させる可能性があるにもかかわらず、脳卒中の危険性を減少させることが示唆されている。

《方法》

利尿剤インダパミド(徐放性、1.5 mg)またはマッチングしたプラセボのいずれかを受けるために、80歳以上で収縮期血圧が160 mm Hg以上のヨーロッパ、中国、オーストラリア、チュニジアの患者3845人をランダムに割り付けた。必要に応じて、150/80 mm Hgの目標血圧を達成するために、アンジオテンシン変換酵素阻害剤ペリンドプリル(2または4 mg)、または対応するプラセボを加えた。主要評価項目は致死的または非致死的脳卒中とした。

《結果》

積極的治療群(1933人の患者)とプラセボ群(1912人の患者)はよく一致した(mean age, 83.6 years; mean blood pressure while sitting, 173.0/90.8 mm Hg)。11.8%が心血管疾患の既往歴があった。 追跡期間中央値は1.8年だった。2年後の座位平均血圧は、プラセボ群よりも積極的治療群の方が15.0 / 6.1 mm Hg低かった。意図的治療分析では、積極的な治療は、致死的または非致死的な脳卒中の割合の30%の減少(95% confidence interval [CI], -1 to 51; P=0.06)、脳卒中による死亡率の39%の減少(95% CI, 1 to 62; P=0.05)、全死亡率の21%の減少(95% CI, 4 to 35; P=0.02)、心血管系の原因による死亡率の23%の減少(95% CI, -1 to 40; P=0.06)、および心不全の率の64%の減少(95% CI, 42 to 78; P<0.001)と関連していた。積極的治療群で報告された重篤な有害事象は少ない(358, vs. 448 in the placebo group; P=0.001)。

《結論》

結果は、80歳以上の人において、ペリンドプリルの有無にかかわらず、インダパミドによる降圧治療(持続放出)が有益であるという証拠を提供している。